フードコーディネーター あつ緒のおいしくて、うつくしいもの探し

金沢市在住 YOHAKU creation(ヨハク クリエーション)主宰  フードコーディネーター あつ緒がつくる料理と日々

美味しさの感覚



大館工芸社の曲げわっぱ


上のサイズ小は以前から我が家にあるもの

下のサイズ中は今日我が家にきたもの


並べてみるとすっかり飴色になって育っているのがわかります。



はじめて「曲げわっぱ」のお弁当を食べた時

杉のいい香りが、蓋を開けた途端に広がって

お米のおいしさに感動しました。



そして、もう何年もたっているのに

今でもお弁当を開けるといい匂いがするんです。



「これはパパさんのお弁当もこれにしたほうがいい」と思い

パパさんのお弁当を私の「曲げわっぱ」にして持たせましたが

パパさんにはこの感動は伝わらず、味の違いがわからないといったのです。



大館工芸社の「曲げわっぱ」はご存じのとおり、お弁当箱にしてはかなり高級品です。


味の違いがわからないという人に買ってあげるのはもったいなくて

そのまま購入せず、かれこれ10年ぐらいたちました。




そんなパパさんのために今日「曲げわっぱ」を買いました。




最近お弁当を作りながらしみじみ思ったのです。


やっぱり「曲げわっぱ」がおいしいと。


ただの白ご飯がこんなにおいしくなるのは「曲げわっぱ」しかないと


しかも大館工芸社の「曲げわっぱ」だと。

作る私も「曲げわっぱ」のあのいい匂いを嗅ぎながら
お弁当をつめられたら嬉しいなと。



人にはいいものを一目ぼれのように素晴らしい感じるときと、

使いこんでいくうちに「やっぱこれっていいよなー」って
思う時があるように思います。


うちのパパさんは昔、

インスタントコーヒーとドリップコーヒーの違いがわからない人でした。


しかし、毎日珈琲豆を飲む直前に挽いて、

お湯の温度をはかり

蒸らしの時間も測り

丁寧にハンドドリップした珈琲を飲むうちに

「これいつもの豆と違うよね?」というくらい

違いの分かる男になりました(笑)


曲げわっぱのご飯もきっと食べているうちに

よさにはまってしまうんじゃないかななんて思ってます。




あつ緒








関連記事
スポンサーサイト